レオパ

【レオパはいくらで買える?】1万円以下で買えるおすすめレオパのモルフ3選

初めてヒョウモントカゲモドキを購入する際に悩むことの一つとして
多いいのが値段についてだと思います。

レオパの生体の金額はお店によって違いがあり、モルフ(品種)によっても
違いが多いいです。

今回の記事では実際に自分が飼育している子達を例に挙げて、
購入金額・購入した場所を紹介していきます。

1万円以下で購入したレオパを紹介してきますので
レオパの相場が分かってくると思います。

5000円で購入しました

爬虫類イベント(ブラックアウト)で購入しました。

半額入場で会場に入り、レオパを探していたら見つけてしまいました。

本来は10000円のレオパでしたが、ブリーダーさんに値引きして
とダメもとでお願いしたら、半額の5000円で良いとのことで、
即購入しました。

爬虫類イベントでは意外と値引きしてくれる事が多いいです。
しかしあまりにも値引き狙いで購入するのは良く無いので、
ダメもとで聞いてみましょう。

ブラッドクロス

モルフ名はブラッドクロスです。

ブラッドタンジェリンという体色に赤い色が濃く出るように品種改良された、
タンジェリン血統と、ブラッドタンジェリンでは無いタンジェリンを交配させて生まれてきた子です。

印象的にはスーパーハイポタンジェリンに似てます。

タンジェリンは人気モルフの一つで、
沢山のブリーダーさんがいます、同じタンジェリン血統でも
見た目の綺麗さやモルフ名が違うのでかなりややこしいです、、

値段も3千円~数十万とかなりの差があります。

人気のモルフなので、イベント・爬虫類ショップに必ずいますので、
自分好みの子がいくらくらいするのか探してみるのも面白いです。

7000円で購入しました

爬虫類イベント(東レプ)で購入しました

この子は爬虫類専門店が出店していたブースにいた子で、
一目惚れをして即購入しました。

値段的にかなり破格な価格なんです。

なので他の人に買われてしまう前に即決で決めました。

普段はかなり購入を迷う方なのですが、
イベントではビビっときた子は即購入しないと、
二度と会えなくなるので迷いを断ち切りました。

迷っているうちに、他の人に買われてしまう事は良くあるので注意です。

バンディット

モルフ名はバンディットです

鼻の頭に黒いラインがくっきり1本あります。
この特徴的な模様のある子がバンディットとなります。

もともと泥棒の髭のように見えるのが名前の由来で
英語でBanditは盗賊や山賊を意味するそうです。

見た目もかなりカッコよく1番おすすめのモルフです。

このモルフの注意点は、
特徴的な鼻の頭にラインが無くても
バンディットとして売られていることが結構あります。
明確な線引きが無いので間違っているわけでも無いのですが、、

なのでバンディットが欲しい方は注意が必要ですね。

3000円で購入しました

爬虫類イベント(東レプ)にて購入しました

爬虫類専門店が出店していたブースで、
どうやら荷物が遅れていてブースの準備中でした、

その様子を見ていたら、この子が現れました。

ビビっときて値段を聞いてみると
3000円という事でしたので、即購入しました。

ジャングル

モルフ名はジャングルです。

体の模様が乱れている子がジャングルと名付けなれます。

レオパの柄のモルフで、
ストライプ模様になっていればストライプとなります。

見た目で判断が出来ますので分かりやすいかなと思います。

柄の表現で値段が変わってきますので、
自分好みの模様の子を探すのも面白いです

まとめ

1万円以下という縛りで紹介してきましたが、
お迎えする際はなるべくお金は用意した方が良いと思います。

レオパは10年以上生きる生き物なので、
値段で妥協してしまうと後悔することになりかねません、、

なので自分の欲しいモルフはお金を貯めて購入することをお勧めします。

今の相場的には3万円あればかなり選択肢が広がるので、イベントや爬虫類ショップ等で探してみてください。

コメントを残す

*