レオパ

レオパの多頭飼育は可能なのか?

レオパは基本的には単独で飼育が推進されている生き物です。

1つのケージに複数のレオパを入れて飼育することは出来るのか?

ということについて自分の考えを、
レオパを飼育している観点から記事を書いていきます。

レオパの多頭飼育を検討している方の参考になれば嬉しいです。

多頭飼育はおすすめしない

いきなりですが、単独飼育が一番良いと思います。

温厚な性格なので、
実際に1つのケージに複数のレオパを飼育している方もいるのですが
おすすめは出来ないです

自然界ではハーレムを形成している

レオパは自然界では1匹のオスに対して複数のメスで形成されるハーレムで
暮らしているようです。

この性質からオス同士を同じケージに入れることはしない方が良いです

複数のメスを勝ち取れるのは強いオスです。

レオパのオスは縄張り意識が強く、オス同士は激しく喧嘩します。

どちらかが死ぬまで喧嘩は続くと思われます。
自分は怖すぎて、オス同士を近づけることはしたことないですが、
例外なく喧嘩すると思います。

幼体同士なら幼体時期だけ同居が可能かもしれませんが、
大人になると縄張り意識が高まりますので、別々で飼育しましょう。

メス同士の多頭飼育は可能

メス同士の多頭飼いは可能かと思います

ショップなどで時々見かけたりもしますが、1つのケージに複数のレオパが、
同居している場合はメス同士です。

メスは自分の縄張りに他のメスが居ても、喧嘩したりはしないようです。

ですが絶対ではなく、リスクはあると思われます。

相性がありますのでメス同士だからといって油断はできませし、
体の大きさも重要かと思います。

幼体と大人の同居は危険です。
同じ体格同士なら万が一喧嘩したとしても軽傷で済む可能性はありますが、
体格さがあると致命傷になる可能性があります。

もし同居させるのなら、体の大きさ、相性をしっかり見極めましょう。

ペアなら同居は可能?

相性が良い場合に限ると思います

発情期に入ると、オスがメスを追いかけ交尾をしようとしますので、
メスに負担がかなりかかります。

オスがしつこく追い回すのでメスが死んでしまう事もあるようです。

メスがオスを拒絶し反撃します。
この反撃がかなり強烈な時があり、大怪我をしてしまう事もあるようです。

しかし海外ブリーダーの方はハーレム状態にして繁殖をしているようなので、
オス1匹に対してメス複数なら問題が起きにくいのかもしれません。

我が子達も繁殖させていますが、メスの拒絶による反撃は見ていてかなり激しいです。
オスもメスが受け入れて交尾が終了しても、何度も交尾をしようとしますので、
メスはかなり消耗すると思います。

個人的には繁殖の一時だけ同じにしてあげるのが1番かと思えます。

同居するならケージは大きめにする

レオパを2匹同居させるとしたら最低でも60CM程度の広さがあるケージが良いと思います。

シェルターも1つづ用意して、餌も十分いきわたるようにした方が良いので、
ピンセットで1匹づつしっかり餌を与えましょう。

ケージが狭いとお互いの逃げ場所が無いのでストレスが溜まります。
普段は仲良しでも、喧嘩するリスクはありますので、1匹1匹がリラックスできる
場所を用意することは必須だと思います。

お掃除のたびにケガをしてないか単独飼育以上に良く観察して、
異常があれば無理せずに単独飼育に切り替えた方が良いと思います。

まとめ

普段はおとなしい生き物ですが、本気で噛まれたりすると、
指にくっきり歯形が付きます。

人間に噛みついて出血させる力は余裕にあるので、普段から油断しない方が良いです。

本気で喧嘩して噛みつきあいますのでお互い大怪我をするリスクがあります。

1つのケージでの多頭飼いはしっかりとした理由が無いのなら、
やらない方が良いと思います。

もちろん成功している例もありますので、多頭飼育するときは十分注意して
飼育することをおすすめします。

コメントを残す

*