レオパ

レオパの値段について

レオパを初めてお迎えするときに色々とお金がかかります。
飼育用品等を用意するのは勿論ですが、生体の価格が気になると思います。

レオパっていくらで買えるんですか?って質問を頂くことがありますので、
この記事では、実際に飼っている子達を例に値段を紹介していきます。

レオパの値段はあってないようなもの

いきなり結論ですが、レオパの値段はあってないようなものです

モルフ(品種)にかなり左右されて値段の動きがかなり激しいです。
価格は3千円~80万円と差がありモルフ(品種)によって値段が全然違います。

モルフ(品種)を定める

自分が欲しいモルフをまず定めた方が、値段の相場が分かってきます。

ネットで【レオパ モルフ】などで検索すると様々な情報が得られますが、
レオパに関しての書物が様々出ているのでモルフに関してお勧めの本を紹介しておきます。

購入して読みましたが、モルフの事をフルカラーで数多く紹介してくれているので
レオパが好きな方なら見てるだけで楽しいと思います

レオパのモルフは100種類以上

レオパは初心者向けの爬虫類として紹介される事が多いいですが、
世界各国にブリーダーがいて、品種改良が盛んに行われており、
モルフの数は100種類以上あります。

ほんの一例ではありますが、実際に飼育しているレオパを紹介していきますので
値段とモルフの参考にしていただければ幸いです。

タンジェリン系

レオパのモルフとして人気なのがタンジェリンです。
オレンジの発色が強く出るモルフです。

こちらもモルフは人気種だけあって流通量が多く、値段も安傾向があります。

価格帯は3千円~20万以上とかなりの開きがあります。

価格の差はレオパの奇麗さに比例すると考えて間違いないと思います。
奇麗な子は高額になります。

タンジェリンはかなり奥が深く、タンジェリンの中にも様々な血統があり
素人目に見ても良くわからないところが多く存在します。

この子は初めて購入した子で3千円で購入しました
タンジェリンとしては奇麗さで言ったらまだまだですが、初めて我が家に
お迎えした子なので可愛いです。

ブラットクロス

ブラットタンジェリンというモルフのレオパに、
ブラットタンジェリンでは無いタンジェリンを交配させて生まれたモルフです。

我が家の子は全身が黄色ぽく、少し尻尾にオレンジが載っています
体のオレンジが強く発色している個体ほど高額になります。

この子はイベントで購入して 1万円にて購入しました。

バンディット

体の模様が特徴あるモルフです。

バンディット=海賊という意味を持ち、鼻筋に髭模様の線が入るのが特徴的です。

個人的に一番好きなモルフなので、ショップ、イベントに行った際には必ず見てきますが
髭の無い子もバンディットってモルフ名で売られていることもあるので、表記の仕方がややあやふやな所があるみたいです。

一目ぼれをして購入した子になります。
爬虫類専門店のブログで紹介されていて、取り寄せして購入しました。
オスなので昨年お父さんになってもらいました。
5匹のレオパが生まれています。
この子は3万円で購入しました。

ボールドストライプ

ボールド= 太字 という意味を持ちます
ボールドストライプは柄のモルフです
体にマジックで書いた様なラインが特徴です

綺麗に模様が入ってる個体が高額になります。
この子は3万円で購入しました。

w&yレイニングレッドストライプ

ホワイト&イエロー×レイニングストライプという名のコンボモルフです。

レインウォーターというアルビノ種が入っているので、体色が淡い感じになります。

タンジェリンの様に体色が濃い方が値段が高額になります。
この子は爬虫類イベントで3万円にて購入しました。

モルフの紹介をしていきましたが、ほんの一例なので
自分の好きなモルフを探してみてください。

実際にイベントなどに行くと沢山のレオパに出会えるので、
知識がない状態でも楽しめると思います。

お気に入りの子に出会えることを願っています。

コメントを残す

*