レオパ

【おすすめ3選】レオパを飼育するのに最適な飼育ケージを紹介

レオパを飼育する際に必ず必要になるのが飼育ケージになります。

しかし多種多様な製品がありますのでどれを選んだら良いの?となると思います。

今回の記事では、自分の経験を基におすすめケージを3選紹介していきます。

レオパを飼育する際に必要なケージの大きさは?

レオパをベビーから大人まで終始育成するのであれば、
20CM×30CMの大きさがあれば良いと思います。

立体活動を活発にする生き物ではないので、
高さはそこまで必要ではないと思っています。

これ以上小さいと狭いと思いますので参考にしてください。

では3選紹介していきます。

ジェックス エキゾテラ グラステラリウム 3030

爬虫類専用に作れれているため非常に使い勝手がいい。

観音開きで扉が開くのでエサやりなどのお世話がしやすいです。

バックグラウンドがあり自然感あふれるレイアウトが出来ます。
レイアウトが好きな方は非常におすすめのケージです。

しっかり脱走対策もしてあるので、初心者の方はこれを買えば間違えないと思います。

デメリットは、
値段がやや高いです。
しっかりと作りこまれているので仕方ないと思いますが、、

自分は多頭飼いしていますのでこのケージを20個用意するとなると、
かなりコストがかかります。

1匹のレオパをじっくり飼いこむ感じならこのケージはかなりおすすめです。

あとガラスのケージなので、割れやすいです。
汚れたら丸洗いもしずらいので、その点を克服できるならありだと思います。

ケージには保温機材のコードを通す穴も開いていたり、爬虫類の事を考えられて作りになってますのでおすすめできる商品です。

created by Rinker
ジェックス
¥9,500 (2021/10/22 16:12:09時点 Amazon調べ-詳細)

三晃商会 SANKO レプタイルボックス

こちらも爬虫類専用の飼育ケージになります。

アクリル製なので透明度が高く生体の観察がしやすいです。

ガラスケージの様に重くないので、汚れてしまったら、
丸洗いすれば綺麗な状態を保ちやすいです。

レオパは糞をよくするので、ケージ内が汚れやすいです。
なのですぐ洗える点はメリットが高いと思います。

蓋がしっかり閉まるので、脱走は出来ません。
マグネットが上部に付いているので、カチッとしまった感があっていいです。

デメリットは、
割れやすいです。
丸洗いしている時に落としたら高確率で割れると思います。

通販で購入すると、割れていたり、
傷がついていたりと問題があるようですが、
自分は通販で購入していますが今まで一度も割れて届いたことは無いです。

輸送中の荷物の扱いに問題がありそうなので、、
商品が悪いわけではない気がする、、

あとは商品に当たり・ハズレがあるような気がします。

蓋のスライドが硬かったり、平らな地面に置いてもガタガタしたりします。

こればかりは、家に届いた商品次第なのでなんとも言えませんが、
7個くらい持っていますが、異様に蓋のスライドが硬いのがあったので、
ヤスリで削りました、、硬かったらヤスリで削ればアクリルなので何とかなります。

全体的に非常に使いやすいものなのでおすすめです。

created by Rinker
SANKO
¥4,258 (2021/10/22 16:12:10時点 Amazon調べ-詳細)

ダイソーのシューズケース

ダイソーで販売しているシューズケースです。

爬虫類用品では無いので使用は自己責任でお願いします。

この商品はレオパを飼育している方の中では有名で、結構使ってる人が多いいです。

我が子の環境だと、空気穴をドリルを使用して開けてから使用しています。

この飼育ケースは繁殖を視野に入れてる方が使用することが多いいかなと思っています。

繁殖をするとどんどんレオパの数が増えますので、爬虫類専用のケージは高額でなん十個も揃えることはなかなか困難です。

なのでサイズが丁度よく100円で売ってますのでコスト的にも最適なのです。

もちろん、爬虫類用に作られていませんので、脱走等のリスクはありますので、
十分に注意して使用してください。

まとめ

3選紹介しましたが、どれもおすすめのケージになっています。

最近はシューズケースばっかり使ってますが、、

どの商品もメリットデメリットがありますので、
自分が一番気に入る物を選んで頂けたらと思います。

紹介しきれていない製品も沢山ありますので、いろいろと探してみるのも
面白ので是非探してみてください。

コメントを残す

*