爬虫類

買って損なしおすすめの爬虫類用品

爬虫類を飼育し始めて7年が経過しました。
色々な爬虫類用品を購入してきた中からおすすめの用品を紹介します。

最近は用品も様々な物が増えてきているので迷う方もいると思いますので、
選択肢の一つとして頂けたら嬉しく思います。

7年の経験からたどり着いた爬虫類用品

爬虫類が大好きで色々飼育していますがレオパが多いいです。
今現在の飼育している個体たちは、

  • レオパ 19匹
  • ニシアフ 1匹
  • ボールパイソン 2匹
  • アマゾンツノガエル 1匹

とこんな感じなので、レオパ推しの飼育用品になりますがさっそく紹介していきます。

計量カップ

created by Rinker
本間冬治工業
¥781 (2021/10/22 16:02:40時点 Amazon調べ-詳細)

100均で購入しても大丈夫です。

爬虫類用品ではないのですが非常に役に立ちます。

爬虫類飼育部屋に水場が無いので、飲み水を入れて補充したり、
冷凍マウスを解凍したりするなど色々と使用用途があります。

熱湯を入れる際は耐熱化を確認しておきましょう。
熱さで変形する可能性があります。

マルベリーCa

created by Rinker
月夜野ファーム
¥1,431 (2021/10/22 16:02:41時点 Amazon調べ-詳細)

カルシウム剤になります。
カルシウム剤はかなりの種類がありますので、迷います。

この製品の凄いところはカルシウム以外に豊富な栄養素が配合されています。
 3種のカルシウム・鉄分・ナトリウム・カリウム
 天然βカロチン・ビタミンA・B群・C・E・K1
 ニコチン酸・クエン酸・クロレラ・食物繊維・トレハロース他

なのでこれだけあげていれば問題なしって感じです。

我が子たちは6年くらいこれで無事に育っていますので、良い製品って事は間違いないです。

デメッリットとしては、桑の葉のパウダーが配合されているのでやや臭いが草っぽいです。
我が子たちは特に問題ないのですが、この匂いが嫌いな子も居るそうなので注意です。

レプラーゼ

created by Rinker
ベンリーパック食品
¥1,350 (2021/10/23 08:44:06時点 Amazon調べ-詳細)

爬虫類の腸内環境を整えるサプリになります。

人間で例えるならヤクルトの様な物と自分は思って使用しています。

即効くことは無く、長期間与え続けることでじわじわ効果がある感じです。

我が子たちはマルベリーCaと一緒に与え続けているので6年近く使用していますが
便秘はほぼしたことが無いです!

使用している爬虫類飼育者も多く実績のある商品だと思います。

ピンセット

こちらはかなり迷走しました。

爬虫類飼育をする前は水槽にハマっていて、水草を植えるのにピンセットを使用していました。

なのでピンセット歴はかなり長いです約10年くらいと10本はピンセット買ったかと思います。

最近ベストなものにたどり着いたので紹介していきます。

バンブーピンセット

created by Rinker
スドー
¥352 (2021/10/22 16:02:41時点 Amazon調べ-詳細)

竹で作られたピンセットです。

安価で長さも丁度よく、使いやすいと思います。

現在はカエルに餌をあげるときに使用しています。
竹製である為、生体が勢いよく飛びついてきてもケガをしにくいので安心です。

デメリットは繊細な動きは苦手で、生き餌を掴む時は力の加減が難しいです。
デュビアの小さいやつは掴もうとすると潰してしまう事があるので、小さい生き餌は掴みにくい印象がある。

ステルスピンセット ロング

created by Rinker
スドー
¥1,381 (2021/10/23 08:44:07時点 Amazon調べ-詳細)

こちらは非常に使いやすいです。

やや高価ですが、作りがしっかりしていて繊細な動きが出来ます。

小さな生き餌もしっかり掴むことが出来て、
ピンセットの長さも丁度いいです。

デメリットは鉄製で作りは頑丈で良いのですが生体がケガをする危険があります。
更に先端も真っすぐなので口にもろに入るとかなり痛いと思います。

ステルスピンセット カーブ

created by Rinker
スドー
¥1,273 (2021/10/23 08:44:07時点 Amazon調べ-詳細)

今現在これが一番使いやすいです

ステルスピンセット ロングの先がカーブしたタイプです。

カーブしているので生体をケガさせる心配が少なく、繊細な動きも出来ます。

デメリットはやや高価な事と、もう少し長いと使いやすかったなと思います。

デュビア

created by Rinker
ノーブランド品
¥2,800 (2021/10/23 08:44:08時点 Amazon調べ-詳細)

こちらは用品ではないですね。

餌用の昆虫として、爬虫類飼育者に有名です。

とても飼いやすく、丈夫で自家繁殖も容易です。

自分はコオロギが苦手なので、ずーとデュビアを繁殖させて餌にしています。
繁殖の軌道に乗ってからはほぼデュビアを買い足していません。

逆に増えすぎて販売したこともあります。
デュビアがいなかったらこの数のレオパを飼育することは出来なかったと思います。

デメリットはゴキブリであることで、
意外となれますので大丈夫です。
自分は慣れるのに数年かかりましたが、今では素手で触れるようになりました。

繁殖の遅さもデメリットの一つですが、数をそろえて飼えば(数千匹くらい)
あんまり気にならなくなります。

自分的にはかなりおすすめできる生き餌です

まとめ

色々と紹介していきましたが、
どれもおすすめの商品なので是非購入してみてください。

他にも自分が使用してない商品も大量にありますので、
使用して良いものがあればまた記事にしていきたいと思います。

コメントを残す

*