爬虫類

特定動物の愛玩飼養禁止になります

特定動物の愛玩飼育が出来なくなるようです。
最近の傾向として特定動物のお迎えしましたとの報告が多い気がします。

自分も気になっていましたので特定動物について調べてみましたので記事にしていきます。

特定動物とは?

特定動物 (とくていどうぶつ) とは何なのかをまずは説明していきます。
人の生命、身体又は財産に害を加えるおそれがある動物として政令で定められる動物種のことである。

少し難しいですね、、
簡単に言うと

  • 狂暴
  • 毒がある
  • 巨大になる
  • 力が強い(人間の力を超えている)

こんな感じだと思います。

特定動物で飼育している方が居るものを例に挙げて、数匹紹介します。

アミメニシキヘビ

 Photo by (c)Tomo.Yun http://www.yunphoto.net

世界最長のヘビ で、 全長4.5m~6mになる

最も大きくなった個体は6.95m、体重は59kg

規格外です!

飼育下での平均寿命は25年~29年と長寿。
野生の個体はジャコウネコカワウソ霊長類イノシシブタなどを捕らえ餌とする。

野生の個体に襲われ人間が食べられてしまったり、
日本でも飼育者が襲われ死亡した例があります。

飼育される方は生半可な覚悟での飼育はできないと思います。

ワニガメ

最大甲長80センチメートル 、体重113kg。

寿命も30年から100年となている。

規格外です!

ペットとして飼育される事もあり、日本にも輸入されていました。
日本では2000年に動物愛護法が改正されて 特定動物に指定されました。

ペットとして飼育されていましたが、飼いきれなくて飼育放棄する人が多く
野生化してしまった個体が、現在大きな問題になっています。

噛まれるとかなりの大怪我となり、扱いには十分な注意が必要です。

かなり寿命も長いので 終生飼養はかなりの覚悟が必要です。

ブラジルカイマン

 Photo by (c)Tomo.Yun http://www.yunphoto.net

全長オス170センチメートル以下 、 メス140センチメートル

体重は36kgに達すると推定されています

寿命が20年と長寿です。

小型のワニ類 とされるワニですが、かなりデカくなります。

力も強く、一般的な水槽だと破壊されてしまいます。
飼育するには専門的な知識と設備が必要です。

なぜ駆け込み需要が増えたのか?

動物愛護法の改正で愛玩飼育が2020年~21年には禁止になるようです

愛玩飼育とは【ペットとしての飼育が出来なくなる】という事です。

一度厳しくなった規制は緩まることは無いと思われ、今後飼育が不可になります。

なので飼育したい人が殺到しているのだと思われます。

憧れの生き物ではありますが、飼育するのはかなりの難易度だと思います。
寿命も長く 終生飼養 にはかなりの覚悟が必要です。

コメントを残す

*